"> ヤフーオークションで外車を売るのはやめた方がいい

外車を売る方法の一つとしてヤフーオークションに出品するという方法も

外車を売る方法の一つとしてヤフーオークションに出品するという方法もあります。

でも結論から言うと、トラブル防止のための下準備などをきちんとやる覚悟がないのなら止めておいた方が賢明のようですよ。

ネットオークションのリスクについてはこのサイトが詳しいです。 ⇒ネットオークションのリスク

Goo-net買取オークションなら、gooの車情報誌に広告出すような、いわば信用を大事にする買取業者が買い取ることになります。

買取業者の仕入れになるのですから名義変更が行われないなどのリスクはほとんどないといっていいでしょう。

また業者による中古車オークションの代行業者に出品を依頼するオークション代行も、手数料などの費用はかかりますがリスクのない方法でしょう。

でもヤフオクだと全くの個人間の売買になります。

個人間の売買でよく聞くのが名義変更をしてもらえないことによるトラブルです。

・自動車税の切符がいつまでもくる

・警察から駐車禁止の反則金の支払催促が来る

・警察から取り調べを受けたり資産を差し押さえられたりする。

最悪の場合は身に覚えのないことで逮捕されることもあるかもしれません。

このようなトラブルを防ぐためには、一旦抹消して引き渡したり、車検付きで渡す場合は保証金の名目で3万円だの5万円だの金額を落札価格の外に預かるなどの手間が必要になります。

全くの個人売買ですから手続きなども全て自分で行わなければなりません。

出品時には、車体の型式や年式、走行距離、エンジンの状態、整備状況、車体のキズなど車の状態を正確に表記しなければいけません。

これらの質問に対してキチンと回答しなければ後でトラブルの原因になります。

また、車をどうやって落札者に渡すのか、自走できる範囲ならいいですが遠方の場合は輸送手段も考えておかねばなりません。

譲渡に関する手続きも全部自分で行わなければなりません。

これらのことを全て自分で対応する覚悟はあるでしょうか。

これだけの時間と労力をかけて出品したとしても、買取専門店に売るよりお得になるという保障もないのですよ。

個人売買はある程度のリスクがあり業者よりかなりお得な値段で無ければ買う意味がありませんので、むしろ損をしてしまうこともあり得るのです。

上級者や業界関係者の声をネットで集めてみても、やはり「まあ、やめた方が懸命」ということのようです。

このページの先頭へ