? 外車をもっと高く売る方法~gooオークション

個人が出品し中古車の販売店が落札する車のオークション

一括査定が普及してくる前までは車買取専門店を廻って査定額を競争させるというのが一般的な車の売り方でした。

現在では一括査定もあれば、業者オークションの代行業者に出品を依頼するオークション代行という方法も可能になりました。

外車に限りませんが中古車を業者に買い取ってもらう方法として「Goo-net買取オークション」というオークションのことを聞いたことがあるでしょうか。

簡単に言うと、個人が出品し、中古車の販売店が落札する車のオークションです。

ヤフーオークションも車を出品できるオークションですが、基本的には個人間の売買になります。(業者が落札する場合もありますが)

Goo-net買取オークションは、クルマ情報誌「Goo」や「Goo WORLD」に掲載している中古車販売店だけが入札できるオークションです。

ヤフーオークションによる個人売買では名義変更や車両売買代金の受取などさまざまなリスク、不安が付きまとい勝ちですが、Goo-net買取オークションはクルマ情報誌掲載の中古車販売店が入札、落札しますので、とても安心感があります。

中古車販売店にとっても、、

・一般ユーザーから直接仕入れることができ消費税がかからない ・車に業者の手が入っていないので状態が確認しやすい ・業者オークションと違い手数料がかからない

などのメリットがあるようです。

車を出品する側にとっても、

・ヤフーオークションと同様簡単に出品することができる ・相手が中古車販売店でありヤフーオークションの様なトラブルにあうリスクがない ・消費税のない分買い手側が高く買ってくれる可能性がある ・業者オークションでの仕入れと違い直接の仕入れになるので高値落札の可能性が高い ・入札する業者が7000店と多いので競争による高値落札の可能性が大きい

などのメリットがあります。

このように、売り手、買い手ともメリットの多いオークションなのですが、残念ながらまだ出品台数が多くなく、盛り上がりに欠けているようです。

(2013年7月現在で落札台数の累計が4万台あまりとなっています。まだまだ一括査定による各社比較が主流のようです。)

でも、逆に出品台数の少ない方が個々の車が目に付きやすく、売り手の方にとってはメリットなのかもしれません。

ヤフーオークションでは、出品に2940円の出品料、落札すれば更に2940円の落札料がかかりますが、Goo-net買取オークションではいずれも無料です。

つまり、Goo-net買取オークションは、出品しても全くお金が掛からないわけですから、ダメモトで出品しても全くデメリットはありません。

外車を少しでも高く売るための1つの方法としてチャレンジしてみる価値は大いにあると思います。

このページの先頭へ